埼玉県川口市 JR川口駅近く 徒歩3分のクリスタルデンタルクリニック

【そごう川口店より移転いたしました】JR川口駅近く徒歩3分の歯医者 日曜祝日も診察

クリスタルデンタルクリニックブログ ≫ 「丈夫な歯」とは? ≫

「丈夫な歯」とは?

うさぎ2_コピー
今年はうさぎ年ですね。うさぎといえば、大きな前歯でニンジンをガリガリかじる姿がイメージされます。
ウサギは一生歯が伸び続けるってこともご存知ですか?
リスやハムスター、ネズミなどのげっ歯目に近いですが、うさぎは少しだけ違う種類です。そして両方の種類とも、とても歯が丈夫なイメージがあります。
皆さん歯が丈夫というとどんなイメージをお持ちでしょうか?
・梅干しの種も割れるほど硬いものが食べられる→奥歯でなんでもかみ砕ける。
・硬いおせんべいも前歯で割ってボリボリ食べられる→前歯の噛む力が強い。
・ビンの栓なんか栓抜きを使わなくても歯でも開けられる。→犬歯で開けるのでしょうか?
・虫歯がない健康な歯である。
・入れ歯や差し歯がなく、全て自分の歯である。
そんなところでしょうか?

治療等のあとが全くなく、歯の神経も生きていて、痛みやしみるなどの症状の無い歯の状態を「健康な歯」と思われる方も多いでしょう。
他に歯並び、嚙み合わせ、歯茎の状態など、健康で理想的な口腔にはいくつもの要素が重なって必要になります。
そして現実的に考えて、その要素をすべて併せ持っている方には、なかなかお目にかかることは難しいものです。

うさぎ年の今年の始まりに申し上げたいのは、「硬いものが噛みくだける。」「なんでもバリバリ食べられる。」ということのみが「健康な歯」「丈夫な歯」の条件だと誤解しないでいただきたいということです。
強く噛みしめることができることはよく噛めるという意味では良いのですが、反面自分の歯を自分ですり減らせたり、歯の一部を欠けさせている場合があるのです。
「食べる」ために長年にわたり使い続けている歯を「食いしばり」「歯ぎしり」など強い歯の当たりで、自分では気づかないうちに自らの歯を痛めてしまっていることもあります。
「ずっと歯が丈夫なのが自慢だったのですが、最近口の中か痛くてたまらない。」というような不定愁訴を訴えてくる患者様が最近多くいらっしゃいます。
虫歯もないし、どの歯が痛いのかもわからないのだけれど口の中が痛い、どこからかわからないのだけれど血が出る時がある、顎がカクカクする、夕刻から頭痛がするなど、その方によって訴えられる内容も少しずつ変わってきます。
往々にして「自分は歯は丈夫な方だったのに、原因不明で…」とお困りでのご来院です。
自分は歯が丈夫であると思い込み、思いっきり噛んだり、食いしばったり、強い噛み合わせによってご自分の歯の神経や顎関節症を引き起こすまで炎症を起こして初めて気づく場合もあります。また、「自分は歯が丈夫(なはず)である。」という自信によって歯医者から遠のいていらした方にも、このような症状の方がかなりの頻度でいらっしゃいます。

皆様、いかがですか?思い当たる方はいらっしゃいませんか?

今年は定期健診もこまめにして、「自分は歯が丈夫である!」という思い込みから少し脱却して、客観的にご自分の大切な口腔内を見直してみませんか?
実は潜んでる虫歯、歯周病の始まりなども発見できる良い機会です。
食いしばり、歯ぎしりを緩和するために「ナイトガード」という、夜だけはめて使用するマウスピースも保険治療で作ることができます。
健康で丈夫な歯はまずは予防からです。
皆様のご来院を今年もお待ちしております。どうぞよろしくお願い致します。

虫歯やインプラント、セラミック、マウスピース矯正、ホワイトニングなど、お口のことでお困りごとがございましたら、川口駅近く徒歩3分、提携駐車場(1時間15分補助有り)、3時間まで無料の駐輪場もございますクリスタルデンタルクリニックまでお越しください。
2023年01月11日 10:00

そごう川口店より移転

クリスタルデンタルクリニック

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-8-4 石井ビル2階

0120-91-6482

受付時間:10:00~12:30 / 15:00~19:00、木曜日15:00~16:30
休診日:金曜日・年末年始・お盆など

ストリートビューはこちら

月別ブログアーカイブ

2024 (5)

モバイルサイト

クリスタルデンタルクリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら